消費者金融では信用情報機関の情報を利用して審査を行います。

消費者金融への申し込みを行うと、融資の審査が行わ れています。申し込みはインターネットなどのWEB上からや、フリーダイヤルなどで対応してくれています。申し込みの際にはどちらの場合でも、氏名や住所 や生年月日や電話番号などの連絡先が必要です。電話番号は固定電話や携帯電話でも有効になります。

そのほかに申し込みの時には、勤務している会社の情報や 住まいの情報を提供します。消費者金融では申し込みの情報を元に、信用情報機関の情報を開示して、融資の審査に利用しています。信用情報機関の情報の中には、借入額や借入件数や返済の遅延情報が登録されています。このような情報を利用して、自社の基準に合わせて審査が行われています。

消費者金融 審査はとてもスピーディに行われて、即日融資が 可能になります。審査では融資が可能な方には融資限度額が設定されます。融資が可能と判断された方は、店頭やWEB上で契約の承認が必要になります。店頭 などではその場で契約書に捺印をして、身分証明書のコピーを提出すると、その場でキャッシングカードが発行されます。

WEB上での承認の場合は、振込 キャッシングが利用出来る様になります。どちらの場合でも、即日のキャッシングが可能になります。そしてキャッシング限度額以内で有れば、何度でもATM でキャッシングすることが出来ます。急ぎで現金が必要な方には、消費者金融がおすすめですし、とても役に立つ金融業者になります。

所得証明書不要のキャッシングについて

金融機関などからお金を借りる方法には色々なものがありますが、その中で、キャッシングは比較的簡単で身近な方法の一つです。キャッシングは、キャッシュカードやクレジットカードを使ってATMやキャッシュディスペンサーからお金を借りることができ、多くの場合、翌月には一括返済をおこなうローンです。

利用を始めるためには、事前に銀行や信販会社、消費者金融などに申請し、それらの機関の審査を通る必要があります。この申請書の提出には、一般的に、本人確認をするための書類(運転免許書や保険証など)や収入を証明する書類が必要になります。

収入を証明する書類には源泉徴収票や給与明細、確定申告書などがあります。提出書類に不備があった場合には審査に通りませんから、緊急にお金が必要な場合には、提出書類ができるだけ少ないものが便利になります。

このような時に有効なのが、所得証明書不要のものです。借入額が50万円を超えない場合には、所得証明書不要で申請をすることができるのです。ただし、すでに他の金融機関などで借り入れをしている場合には、合計100万円を超えてしうと、50万円以下の申し込みでも所得証明書を提出しなければなりませんので注意が必要です。

お金借りるための非公開情報とは

お金借りるのには、非公開情報をどこまで知るかということが大切になります。これはネット上ですぐに発見できるものではありません。実は、あまり知られていない隠れたところに、こういった情報が隠されているということが、実は多く発生しているのです。何が大切で、何が不要なのか探す人からすればその取捨選択は非常に難しいところではあるのですが、スムーズにお金を借りることができるかどうかは、その取捨選択にかかっていることは、紛れもない事実であることは確かなのです。

自分がどんな雰囲気で、気分でそのことを思っていたとしても、流れが変わらなければ何にも意味がありません。そこをどの程度まで知ることができるかによって、有利になるかどうかが決まるので、まずはそこを知るということから始めるようにしましょう。

さて、お金借りることによって、非公開情報というものがどんどん知ることができるようになります。最初は、借りる前に知ることは難しいのですが、いざ借りるという行動に出てしまえば、それはすぐに発見できてしまいます。経験するかしないかで、情報の受け止め方は違ってくるという、良い例になっているということでもあるのですが、これは難しい問題です。”

クレジットカードを悪用されないように気をつけること

皆さんは、クレジットカードの暗証番号はどのように決めていますか。最近ではクレジットカードのほかにも銀行口座、それに各種ネットサービスなどの暗証番号に溢れています。ついつい自分の身近な数字に暗証番号を決めていませんか。しかし、自分に関連する番号を暗証番号にすると、解読されて悪用される可能性が高いです。アメリカのデータ分析会社によると、全世界のクレジットカード340 万件を対象に人気の暗証番号の分析を行ったところ、暗証番号を10人に1人が「1234」に設定しているという驚愕の調査結果が発表されました。また調査 によると、「19」という数字から始まる番号が多いという事実も判明しました。これは誕生した年や記念の年を番号に

設定する人が多いということがいえます。このように偏った暗証番号だと、解読しやすいといえます。では、クレジットカードを悪用されないために暗証番号を決めるときに何に気をつければいいでしょうか。アコムマスターカードなどでも注意を下記のように呼びかけているようです。

●第三者が推測しやすい番号は使わないことです。たとえば、自分の生年月日を組み合わせた数字、自宅の電話番号を組み合わせた数字などです。また、1111、7777などの4桁の同じ数字もやめましょう。
●知人、家族や友人であっても暗証番号を教えないでください。
●年配の方に多いのですが、クレジットカードの暗証番号をメモしたものと一緒に持ち歩かないでください。その場合、同時に紛失した場合、非常に危険です。気をつけましょう。